転職悩み

女性が転職を考えるべきタイミングは?【2度の転職経験者が語る】

何度か転職活動と実際の転職をしてきた中で、聞いてきたことがあります。

女性はなかなか転職という行動に移しづらい、職場環境の改善を訴えづらい。ということです。

確かに言われてみれば職場の中でもあまり大きな声を上げることが難しく、業務環境や会社の環境を良くするためのアクションが起こしづらいということもあります。

転職と言ってもそもそもどう行動してよいかわからないという方も多くいらっしゃいます。

ひと昔前なら結婚と同時に退職するのが当然でしたが、この令和時代は違います。

平均年収400万円台、昇給も期待できず終身雇用も崩壊しています。旦那1人の給与で家族を養うことは大変難しくなってきています、子を持つなら尚更です。

リーマン
リーマン
世知辛い世の中ですね

共働きが当然となった現代、女性が働きにくい会社は存在します。

  • どんな会社が女性にとって働きにくいか?
  • また転職を検討すべきか?
  • 女性が利用すべき転職エージェントは?

男性目線でまとめましたので最後までご覧頂けると幸いです。

【丁寧なサポートが売りです!】

パソナキャリア無料登録はこちらから

女性が転職を考えるべきタイミングは?

基本的には会社の環境が自分にとって合っていないと感じたり何か大きな問題点を我慢しながら仕事をしているという状況であれば、転職を考えた方が良いと思います。

私が考える、女性が転職を検討するタイミングは

  • 待遇アップが期待できない
  • 女性だから昇進できない
  • 時短・育休など制度が実質活用できない

主にこの3点を感じたら転職を検討すべきと考えます。

女性が転職を検討するタイミング①出世できない会社

女性だから、管理職への昇進ができず結果的に給与も上がらない!こういう会社はまだまだあります。私の1社目の会社はまさにそうでした。

婦人服を取り扱う会社にも関わらず営業パーソンは全て男性。当然管理職もゼロ。

女性社員は主に一般職で、時代錯誤ですが決まった時間にお茶くみもやっていました。

はやしょう
はやしょう
完全に男性メインの会社でした

あなたがどんなに成果を挙げても、「女性」を理由に出世競争の土俵に乗れない会社は未だにあります。

もしあなたは出世欲が高く、年収も上げたいと考えているなら、このような会社にいても昇進することは非常に難しいです。

 

女性が転職検討するタイミング② 共働きが難しい会社

女性はライフイベントがあり、男性と同等に働くことが難しい時期があります。

出産、育児などまさにそうでしょう。

共働きで旦那と同じように働いていても、育児の比率は女性の方がまだ多いです。

仕事中子供が熱を出した!こんな時対応するのは女性が多いでしょうし、まだまだ育児は女性がメインでするものと捉えられています。

となるとライフイベントに対応する制度が整い活用できる会社でないと、共働きを続けるのは非常に難しくなります。

  • 時短制度
  • 産休・育休を使える

このような制度が活用できない会社は、実質寿退社を推奨している会社だと思います。

もし、結婚し子供ができても働き続けたいなら、転職を検討すべきでしょう!

女性におススメの業界

男女平等に管理職への道があり、かつライフイベントの制度が充実している業界、おそらく私が身を置く業界はかなり進んでいると考えます。

実際私が勤める会社は女性管理職を増やそうとしており、30代前半の営業マネージャーも複数います。同じようなスキル・実績であれば女性の方が昇進しやすいと思います。

はやしょう
はやしょう
外資なので実力主義!

そして、産休・育休も当たり前のように活用され、多くの女性社員が復帰し仕事を続けています。

出世したい!結婚・出産後も働きつづけたいと考えている女性にはおススメできる業界です。

女性におススメの転職エージェント

 

実際に転職活動を始めるならば転職エージェントを複数利用することをおススメします。理由はいくつかあります。

エージェントを利用するメリット

  • キャリアの方向性を相談できる
  • 書類添削・面接対策のアドバイスを貰える
  • 非公開求人を持っている
  • 選考の日程調整・内定後の条件交渉をしてくれ

転職エージェントを利用するメリットは必ずあります、特に初めて転職活動をするビジネスパーソンは登録して損はないです。

実際私は4度転職活動の経験がありますが、いずれも転職エージェントを複数社利用しました。経験からも利用するメリットは大きいと感じています。

もちろん転職エージェントを利用するデメリットもあります。こちら参考にしてみて下さい。

転職エージェントの選び方!無料で利用できるメリットとデメリット転職エージェンを利用するメリット・デメリット双方あります。今回は、私が経験した良かった転職エージェント担当者と残念だった転職エージェント担当者のエピソードを紹介します!...

 

おすすめ転職エージェント

 

①リクルートエージェント

転職エージェント=リクルートエージェントと言っても過言ではないでしょう。

人材大手といえばリクルートですが、そのリクルートが運営している転職エージェントがリ クルートエージェントです。

少しでも転職に気が向いているなら今すぐにでもアカウントを作っておいた方が良いでしょう。それくらい、転職には必要不可欠な存在といってよいでしょう。

  • 業界ナンバー1の実績!30万人を転職に導く
  • 非公開求人が驚愕の約10万件
  • キャリアアドバイザーのレベルが高い!

【転職活動するなら、まずはリクルートエージェントに登録!】 リクルートエージェント

リクルートエージェント無料登録はこちらから

 

 

②パソナキャリア

初めての転職には大変オススメできるエージェントがパソナキャリアです。

キャリア相談・面接対策がとても充実しているなどサポート体制が充実。

丁寧にサポートして欲しい求職者は登録すべきエージェントです

  • 書類添削・面接対策など丁寧なサポートがあり、顧客満足が高い
  • 転職者年収アップ率67.1%
  • 転職支援実績25万人とノウハウが豊富

【丁寧なサポートが売りです!】

パソナキャリア無料登録はこちらから

 

 

③マイナビエージェント

マイナビグルールが運営する転職エージェントで、各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

特徴は20代に信頼されている転職エージェントNO.1です!

  • キャリアアドバイザーのサポートが熱意があり、手厚い
  • 第二新卒向けの求人も豊富
  • 大手だけでなく、中小の独占求人が豊富

【キャリアに迷う女性一度相談してみて下さい!】

マイナビエージェント無料登録はこちらから

 

一つ覚えておいていただきたいのが、もし今現場の職場環境や人間関係に満足していないのであれば、転職をすることで極めて高い確率で、今の条件より良い会社が見つかります。

そのために転職エージェントなどもいるので、転職にはある程度の時間がかかりますし、準備も含めると数ヶ月単位で待たなければなりません。我慢の限界が来る前に早めに用意だけ進めておくと良いでしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。